『1日5分 横隔膜呼吸で「やせ体質」になる』2016/5/13
牧野講平 (著)

誰でも「1日5分呼吸と姿勢を整える」ことで、「太らない」「疲れない」身体を手に入れる方法を教えてくれる本です。
人間は誰でも横隔膜を使って呼吸をしていますが、一般の人は70%ほどしか横隔膜が使えていないそうです。そのため痩せにくくなったり、腰痛・肩こりを引き起こしたりするのだとか。この本は、その横隔膜を100%使って呼吸をする方法を紹介してくれます。
とは言うものの、なぜ「横隔膜呼吸をする」だけで痩せる体質に変わるのか? と疑問にも感じてしまいましたが、次の文章を読んで納得しました。
「呼吸には多くの筋肉が使われますが、これらの筋肉は、ほとんどが姿勢を保つ筋肉でもあるため、正しい呼吸が出来るようになると姿勢がよくなります。そして、呼吸や姿勢を維持するために筋肉が常に働くことで、エネルギーの消費が増え、無駄な脂肪がつきにくくなるのです。」
……なるほど。
そして「呼吸というと、胸の動きを中心とした「胸式呼吸」や、お腹の動きを強調した「腹式呼吸」がありますが、横隔膜呼吸はどちらに偏ることもなく、両方の要素を併せ持った呼吸です。」なのだとか。長年、趣味で管楽器を吹いているので、自然に「腹式呼吸」にはなっているのですが、いまいち肺活量が多くなく、「胸式呼吸」も鍛えたいと思っていたので、この「横隔膜呼吸」には興味津々。がぜん、やる気になりました(笑)。
具体的には、次の「呼吸リセット」を行う方法のようです。
1)コンディショニング(全身の筋肉を部位ごとにゆらしたり動かしたりする)
2)横隔膜呼吸(胸やお腹を使って呼吸を行う)
3)股関節エクササイズ(体の運動の要となる股関節の動きをよくすることで、身体の不調を改善する)

この「呼吸リセット」、慣れると、全体(1セッション)で5分しかかからない、というのも魅力ですね☆ 寝転んでバスタオルを使う必要があるものもありますが、面倒な方法がほとんどなく、無理な動きもないので、これなら気楽に続けられそうです。
特に、まず「コンディショニング」を行うというやり方が、とても効果的なような気がしました。「コンディショニング」というのは、筋肉を揺らすことで全身の筋肉を脱力させる方法なのですが、私たちの身体は、一日中パソコンの前で座っているなどのために、筋肉が固くなっていることが多いので、まずそれを緩めてあげる必要があるそうです。筋肉が動かなくなるパターンには、「使いすぎで疲労している」だけでなく、同じ姿勢でいるために「伸ばされて動かなくなる」こともあるので、運動の前には、この「コンディショニング」を行うとよいのだとか。なお、このコンディショニングは、すぐに効果が現れるのですが、しばらくすると元に戻ってしまうので、毎日継続したほうが良いようです。
この「横隔膜呼吸」は、身体にいいだけでなく、楽器演奏のための肺活量アップも期待できそうなので、ぜひ日課にしたいと思っています(少なくとも害はなさそう)。みなさんも、ぜひ読んでみてください。なお、この本は、内容のかなりの分量が「横隔膜呼吸や呼吸リセット」はどういう効果が・何故あるのかの解説にあてられていて、実際のエクササイズ部分は、後半にばらばらに記載されているので、「エクササイズ部分だけを知りたい」という方には、あまり向かないかもしれません。それでも一応、最後の方の見開きページに、「ひと目でわかる「呼吸リセット」一覧表」というイラストがあるので、ある程度エクササイズに慣れてきたら、このページだけを見ることで、エクササイズが続けられるようになると思います。