『運のいい人の法則』2011/10/25
リチャード・ワイズマン博士 (著)、矢羽野 薫 (翻訳)

世の中には、「運のいい人」と「運の悪い人」がいる……英国の心理学者リチャード・ワイズマン博士が、「運の科学的研究」を通じて、「運のいい人」に共通する「四つの法則」を教えてくれる本です。
個人的には、自分の「運のよさ」は普通か、ちょっといい程度だと思っているのですが、「運がいい」に越したことはないですよね。だって「運」さえよければ、努力なしに何でも思い通りになるのでしょうから。もしも本当に「運がよくなる四つの法則」があるのなら、だんぜん知っておくに限る!というわけで、興味津々・やる気満々で読んでみました。
その結果は……「運は魔法の力でも、神様からの贈り物でもない。そうではなく、心の持ちようなのだ。どのように考え、どのように振る舞うかなのだ。」だそうです。
つまり「運がいい・悪い」は自分に起こった出来事に、自分がどう評価するかが大きいようで……一見「運が悪い」と思えるような出来事でも、後からそれを「運がいい」出来事に変えることも出来るし、「運がよかった」と思い込むことも出来るのです。
うーん……。期待していたのとは、ちょっと違ったけど、全体としては、納得いく研究&結論でもありました。
残念ながら「運がいい」人になれば、宝くじは当たり放題、試験には合格し放題……ってことはないようです。宝くじを使った実験の結果は、「運のいい人のほうが、当せん率が高いわけでも低いわけでもなかった」し、知能テストを使った実験でも、「運のよさと知能は関係がない」ことが明らかになったのだとか。
さらに性格比較でも、運のいい人と悪い人の「協調性」「誠実さ」は変わらなかったのですが、「外交性」「神経症的傾向」「開放性」のテストでは、かなり差があったのだそうです。
これらの実験や調査を通して明らかになったのは、「運のいい人」には共通する「四つの法則」があったこと。
法則1)チャンスを最大限に広げる
法則2)虫の知らせを聞き逃さない
法則3)幸運を期待する
法則4)不運を幸運に変える

「運のいい人」は人間関係のネットワークが広いのでチャンスが多く、気持ちがリラックスしているので虫の知らせを聞き逃すこともなく、幸運を期待して(明るく笑顔で)いると「期待効果」で実際に幸運が訪れるようになり、さらに、不運に見舞われても、その明るい面に着目することで不運を幸運に変えることが出来る……つまり、「運のいい人」は単純に「不運に目をつぶって自分を幸運だと思い込んでいるから「運がいい」」わけではなく、自らの努力で「幸運を引き寄せて」いるのです。
……なるほど。
そしてこの本のいいところは、「運がいい」人に変わる方法も教えてくれること!
「いつも笑顔で」、「毎朝、私は運がいいと声に出して言い」、「瞑想で心を落ち着け」、「不運のプラス面に目を向けて問題解決を図る」など、納得のいく具体的な方法を教えてくれるのです。
またたくさんの「不運な人」「幸運な人」の事例や、「不運な人」「幸運な人」の両方が、トレーニングによって「幸運度」を(さらに)上げた例などを読むことが出来るので、「努力によって私の幸運度も上げられるかもしれない」と自分に思い込ませることも出来ると思います(トレーニング法も教えてもらえます)。
「幸運や不運の大半は、自分の考え方や行動によってつくりだすことができる。」のです。これらのトレーニングはすごく有効なように(少なくとも害はないと)思えますので、ぜひ読んで実行してみてください(実は、私自身は、すでに実行していた方法がかなりありました。残念ながら、そんな私の宝くじの幸運度は「普通」ですが、この方法は、人生の幸運度を上げる方法です。)
この本を読むまで、私自身の「幸運のコツ」は、「人事を尽くして 天命を待つ」でしたが、読んだ後も、やっぱり「人事を尽くして 天命を待つ」のが最大の秘訣だなと思わされる内容でした(汗)。まあ、幸運は自らの努力で引き寄せるに限りますよね。
「不運だ……」と感じている方は、ぜひ読んでみてください。人生が変わるかもしれませんよ。