『洋書:That’s My Hat! (英語)』2016/2/15
Anouck Boisrobert (著), Louis Rigaud (著)

カラフルな飛び出すしかけ絵本の中で、青い帽子を探す「探し絵しかけ絵本」です☆
『オセアノ号、海へ!(Under the Ocean)』など、大人も楽しめるお洒落なしかけ絵本を作ってきたBoisrobertさんたちは、今度は「探し絵」で楽しませてくれます。
表紙の絵もカラフルで「楽しいアート」な感じですが、中身も同じような雰囲気。シンプルでカラフルな「線+図形」で描かれています。文章(英語)もありますが、ほんの少しだけで、ほとんどはデザイン画っぽいカラフルな絵。どのページを開いても、ポップでお洒落な感じです。
しかけ技法的には単純な飛び出すしかけだけなので、ちょっと単調な感じもしますが、今度の絵本は、なんと「探し絵」を楽しめます☆ 飛び出す絵本の「飛び出す」部分は、下の部分が白一色のことも多いのですが、この絵本は、隠れてしまう下の部分にも絵が描かれています。半円の青い帽子が、いろんな場所に見え隠れしているので、どこにあるのか、飛び出す下の部分まで覗き込んで探すのです。意外に簡単に見つかってしまうのですが……変化があって、平面の探し絵本よりも楽しい☆ (難しくはありませんが、細かいところに紛れているので飽きずに何度も楽しめます。適度な難易度だと思います。)
お子さんにとっては、遊んでいるうちに色や形を覚えることも出来て、勉強にもなりそうです。文章が英語なので、ちょっぴり英語の勉強にもなるかも(日本語訳はありませんが……)。
子どもはもちろん、大人も楽しめる、とてもお洒落な「探し絵しかけ絵本」だと思います。
(※ここから先は、物語の核心にふれるネタバレを含みますので、結末を知りたくない方は読み飛ばしてください)

・1~2ページ目:左側は、描いた青い半円が帽子になって飛んでいくイラスト。右側は、タイトル(+飛んでいく帽子のイラスト)(しかけなし)
・3~4ページ目:左側は、描いた黄色い長方形をタクシーにするイラスト。右側は、黄色いタクシーに乗って、飛んでいく青い帽子を追いかけるイラスト(しかけなし)
・5~6ページ目:タクシーが車の渋滞に巻き込まれ、青い帽子が遠くに飛んでいく!(カラフルなたくさんの車列の飛び出すしかけ)
・7~8ページ目:動物園に入ってしまった青い帽子を、おサルがかぶって逃げ出していく!(動物園の飛び出すしかけ)
・9~10ページ目:公園の雑踏の中にまぎれるサルの青い帽子(公園の飛び出すしかけ)
・11~12ページ目:ベーカリーの中にまぎれるサルの青い帽子(ベーカリーの飛び出すしかけ)
・13~14ページ目:八百屋の中にまぎれるサルの青い帽子(八百屋の飛び出すしかけ)
・15~16ページ目:大きなデパートの中にまぎれるサルの青い帽子(デパートの飛び出すしかけ)
・17~18ページ目:美術館の展示物の中にまぎれるサルの青い帽子(美術館の飛び出すしかけ)
・19~20ページ目:大きな図書館の中にまぎれるサルの青い帽子(図書館の飛び出すしかけ)
・21~22ページ目:大きな複合施設ビルの中にまぎれるサルの青い帽子(複合施設ビルの飛び出すしかけ)
・23~24ページ目:ビルのてっぺんに青い帽子をかぶったサルが! 危ない!(青いビルの飛び出すしかけ)
・25~26ページ目:左側は、描いた青い半円の下に線を引いていくイラスト。右側は、青い半円のパラシュートで空を飛ぶイラスト(良かった、おサルも一緒です)(しかけなし)