『イラストでわかる建築用語』2012/12/10
上野タケシ (著), 大庭明典 (著), 来馬輝順 (著), 多田和秀 (著), 山本覚 (著)
1609090021ap01n
建築用語を、設計→施工→竣工の工事の流れに沿って解説してくれる本です。加工や機械など、必要な場所にはイラスト(イラスト点数は900超)もついています。ちょっと価格が高いのですが(汗)、建設業界初心者(新入社員など)の方にはもちろんのこと、新しく家を建てたいと思っている一般の方にとっても、必要になりそうな情報がぎっしり詰まっています。
たとえば、最初の項目は、「1 資金・保険」から始まります。そして書いてある用語は、「住宅ローン」「財形住宅融資」など(!)。建築用語集だと思っていたので、ちょっと驚きましたが、この本は、建築や住宅関連の用語を「実務で本当に必要なもの」という観点で選んでいるので、一般的に「住宅を建てる」時に必要な用語について、最初の「資金」の段階から解説してくれるのです。
このように、住宅工事前に必要となる作業(資金、地盤調査、見積&契約など)で使われる用語から始まって、工事(施工計画、解体、足場作り……など、設計→施工)から竣工まで、必要な工程の流れに沿って、関連する建築用語をイラスト付きで紹介してくれます。
とても網羅的に解説してくれるので、この本が一冊、手元にあると、建築に関する不明な用語を調べるのに使えるのはもちろんのこと、家を建てる手順を総合的に知ることが出来るので、自分の家がどのように建てられているかを調べたり、今後の手順を予想したりする時など、さまざまな場面で役に立つと思います。これから家を建てる予定のある方は、ぜひご一読ください☆