『スタジオジブリmini 草壁家とネコバス MP07-02 (ペーパークラフト)』
さんけい
141127072AP01M
スタジオジブリの名作アニメ映画『となりのトトロ』の草壁家とネコバスの精巧なミニチュアが作れるペーパークラフト・キットです☆
この商品の何が素晴らしいって、作った草壁家のミニ・モデルがそのまま箱に納められるところ! なんと商品の入っていた箱を使って、完成モデルを飾ることができるだけでなく、収納すら出来てしまうという、ペーパークラフト・ファンなら涙モノの商品なのです(泣)。
ペーパークラフト好きにとって、「作ったものが場所を取る」という頭痛の種を避けることはできません(汗)。お金持ちなら置き場所が無限にあるかもしれませんが、普通の人にとっては、出来上がった作品を飾る場所には限界があります。困ったことにペーパークラフト作品は、でこぼこの形をしている上に壊れやすいので、重ねると形が崩れるため、まとめて収納することが出来ません。プラスチックのフィギュアだと、かなり丈夫なので、そうとう精巧に出来ていても、まとめてガラスケースに放り込んでおくことが出来るのに……(泣)。
なのでこの商品を写真で見た瞬間、「これだ!」と思いました(笑)。近所のモデルショップになかったので通販で購入したのですが……到着した商品を見て、あまりの小ささに衝撃を受けました(完成サイズ:W60×D60×H100mm前後)。
ええ? 本当に手のひらに載るぞ、これ。(指部分を使わずに、手の平だけに載ります!)
141127072GP01K
箱を開けると、中には作り方説明書1枚と、小さいレーザーシート、スポンジなどが入っていました。蓋には厚みがあって、箱の上に反転して載せることが出来ます。実は、この蓋に、出来上がったペーパークラフトを貼りつけるのです。つまり飾りたいときは、蓋を箱の上に載せて飾ることも出来ますし(もちろん蓋だけでも飾れます)、しまいたい時には、蓋を反転させて(箱の蓋として使って)収納することが出来るのです☆ ふふふ……箱に収納できるってことは……完成後の作品を何個でも重ねて棚にしまって置くことが出来るってことです(わーお!)☆
箱の横に「草壁家のミニ・モデル」の完成写真がありますが、これも組み立て時の参考写真として使いますので、絶対に捨てないでください。ちなみに、この写真と作り方説明書も、完成後に箱の底に入れておくことができます。本当に無駄のない設計になっています。
製作に必要なものは、このキットの他、カッターナイフ(もしくはハサミ)、接着剤、ピンセット、カラーペン(これらは箱に記載してあります)です。このカラーペンは、サツキとメイの色を塗るために使うのに必要なのですが……できれば、屋根シートと同じように、着色済のシートが欲しかったな、と思いました。サツキとメイを塗るためには、四色も必要になってしまうので。この部品がすごく小さいので、シールを貼るのが大変だから、カラーペンを使うようにしたのだろうとは思いますが……。
それはともかく、この商品は、繊細にレーザーカットされた硬質紙を貼り重ねて組立てるだけで、塗装しなくても可愛いミニチュアが作れます(サツキとメイ以外)。家などの部品がすべて精巧レーザーカットされている上に、樹木用のスポンジなどもセットになっているので、本当に見栄えのする素敵な作品を作ることができます☆
でも……とにかく小さいので、ピンセットは必須です。部品があまりにも小さいので、組み立ての途中で吹き飛ばさないよう、思わず息すらひそめてしまいます(笑)。メーカーによると「はじめてミニチュアづくりに挑戦される方にもお奨めのシリーズ」だそうですが……、手先の器用な方だけにお勧めしたいと思います(汗)。部品がとても細かいので、老眼の方には、ちょっと難しいかもしれません……。
ペーパークラフト好きの方は、一度手に取ってみてください。
この箱の使い方はとても素晴らしいので、もっと大型のシリーズも出るといいなと、期待しています☆