『和田裕美の人に好かれる話し方-愛されキャラで人生が変わる!』
和田 裕美 (著)
141127090AP01N
上手にあなたの気持ちを相手に伝える「話し方」の秘訣を教えてくれる本です。
著者の和田さんは、子供の頃、人と話すことが苦手だったそうです。それでも、話し方に気をつけることで、入社した日本ブリタニカ株式会社で、世界142支社中2位の営業個人記録を達成できたと言います。
自己主張よりも謙虚が美徳とされてきた日本人には、会話を苦手とする人が多いのではないかと思います(汗……私もそうです)。それでも、この本を読んだら、「人に好かれる話し方」ができるようになるのは、そんなに難しくないのかもしれないと思えるようになりました。
「話し方」で悩んでいる方は、次の3つのことに気をつけると良いそうです。
1)空気をつくる(一緒にいてなんとなく楽しいという雰囲気を作る)
2)聞き上手になる(人は、自分の話を聞いてくれる人が好きなもの)
3)元気な言葉・思いやりのある言葉で話す(人は、ポジティブな話が好きなもの)
そして、これらのことに気をつけているのに、何故かうまくいかないと感じている場合は、声や態度に妙なクセがないかを注意した方が良いようです。話す時の声の高さやリズムが普通じゃなかったり、語尾や順番が変だったりすると、内容的には良いことを言っていても、相手に感情的・生理的に拒否されることがあります。
なるほどなあ……と思いました。
会話は「相手が楽しくなること」、とか、話すことは「離すこと」(言葉はいったん口から出たら、コントロールできなくなる)とか、「話し方」に関するいろんなキーワードも心に残りました。
人と話すことが苦手だと感じている方は、一度、読んでみてはいかがでしょうか。