『和書:ディズニーの真髄―クラシック・ディズニーポップアップ・ギャラリー』
ロバート タイマン (著), トビー ブルース (イラスト), 上野 和子 (翻訳)

『洋書:Quintessential Disney(英語)』
Robert Tieman (著)
140819061AP01M
まさに「ディズニーの真髄」というべき豪華な舞台型しかけ絵本です☆ ページをめくると、ディズニー映画の名場面が、舞台の上に飛び出してきます。
絵本の表紙は、扉のように真ん中が割れて左右に開きます(軽くマグネット留めになっています)。中のページは、普通の絵本のように横にめくるのではなく、縦にめくるのですが、開くと舞台の場面が飛び出してきて、しかもページ上の左右をゴムで留められるので、その場面をテーブルや棚の上に静止させて飾ることが出来るのです。ディズニー好きならもちろんのこと、ディズニー好きでなくても、とても楽しめる素晴らしい名場面ギャラリーです☆
どの場面も構造的に精巧に作られていて、とても見応えがあるのですが、それもそのはず、この絵本のペーパーエンジニアリングは、あの『実物で学ぶ ポップ・アップを作ろう』でおなじみのデビッド・A. カーターさんが行っています☆ (ただし技法的には、普通の飛び出し技法だけですが)。
各場面には、映画にまつわるコラム(めくりしかけ)もついていて、眺めていると自分だけの小さなディズニー美術館に来たようです。しかもこの美術館は、閉館後には本棚にしまえます(笑)。
開くだけで、ディズニーの魔法にかけられてしまうこの絵本は、贈り物にしても喜ばれること間違いなしです☆
140819062EP01J
・1ページ目:中表紙
・2~3ページ目:わんわん物語。楽器生演奏つきの夜のレストラン。
・4~5ページ目:ピーター・パン。船上でのピーターとフック船長の戦い。
・6~7ページ目:バンビ。友達のスカンク、うさぎと一緒にいる森の一場面。
・8~9ページ目:ピノキオ。完成間近のピノキオとゼペット。
・10~11ページ目:白雪姫。七人の小人と踊る白雪姫。