『和書:ほっきょくのクリスマス』2016/10/21
ジャネット ローラー (著),ピッパ カーニック (イラスト),Janet Lawler (原著),

『洋書:Arctic Christmas: A Very Cool Pop-Up Book(英語)』2016/10/11
Janet Lawler (著), Pippa Curnick (イラスト), Yevgeniya Yeretskaya (寄稿)

クリスマスの夜、北極に住む動物たちのもとへ、南極から特別なお客さんのペンギンたちがやってくる……心温まる素敵なクリスマスしかけ絵本です☆
北極でクリスマスを祝うのは、表紙にも出てくる可愛い動物たち。表紙のタイトルや動物のマフラーなどに銀色の光る塗料が使ってあるので、ところどころキラキラしていていて綺麗です。
ページを開くと、どのページにも大きい仕掛けが! 「北極のクリスマス」のせいか表紙の色が少し地味なので、中も地味なのだろうと思いきや、思いがけないほど充実した内容でした☆
しかも大きく飛び出す仕掛けだけでなく、ページの開閉に連動して「動く」しかけや、引っぱりしかけなど、技法的にもバラエティに富んでいています。ちょっとトボけた表情の動物たちも可愛い素敵なクリスマス絵本。内容的には子ども向けの絵本のようですが、表紙でも分かるように色彩が少し地味めなので、大人の方へのプレゼントにしても喜ばれると思います。……というか、もう少し色は派手でも良かったかも。でも、クリスマス絵本というと、いわゆる赤と緑の派手で明るいクリスマスカラーが定番なので、一味違ったクリスマス絵本として、この方が渋くて素敵かもしれませんね☆

・1~2ページ目:大きなプレゼント箱の後ろに、クッキーを持ったセイウチ、うさぎ、オコジョが飛び出します。
・3~4ページ目:氷の上でトナカイが角を振り、タテゴトアザラシが転がります。氷の下の海では、タテゴトアザラシがキャンディーを氷に立てて飾ります(動くしかけ)。
・5~6ページ目:大きな波をたてて海底からクジラとアザラシが飛び出してきます。空にはハクトウワシと白フクロウが飛翔しています。雪の穴からネズミが顔をだします(引っぱりしかけ)。
・7~8ページ目:シロクマやトナカイがスケート場で遊ぶのを眺めながら、ノウサギたちがお茶を飲みます(つまみをひくと、ウサギがポットのお茶をカップに注ぎます(動くしかけ))。
・9~10ページ目:船でやってくるペンギンたちを、氷の上で出迎えるシロクマやウサギが飛び出します。つまみを引くと、イッカクがツリーに星を投げます(動くしかけ)。
・11~12ページ目:北極のオーロラを眺める動物たちが飛び出します。(ページを開くと、ペンギンが身を乗り出します(動くしかけ)
・13~14ページ目:波をけたてて南に戻るペンギンたちの船が飛び出します。遠くの氷上からシロクマが手を振ります(動くしかけ)