『ハンドメイドのポップアップカード』2017/5/13
鈴木 孝美 (著)

バースデーからウエディング、季節のモチーフなどさまざまなシーンで活躍するポップアップカードを、詳しい作り方つきで紹介してくれる本です。
表紙の写真を見ても分かるように、とてもシンプルですが、かなり見栄えのするカードばかり。しかも各種の色画用紙がメイン素材なので、カラープリンターなどを持っていなくても、作ることが出来る作品ばかりです。さらに構造がシンプルなので、自分なりの工夫を付け加えることも、すごく簡単にできます。
なかでも気にいったのが、表紙写真中央の黄色いチョウチョのカード。このカードは二枚重ねで上になった方の長方形の色画用紙に、二つのチョウチョ型の半身の切れ目を入れて組み合わせるという、ごく簡単な方法で、飛び出しています。そして、切れ目を入れて浮かせた下の部分には、花とかドロップとかの模様を貼りつける……たったそれだけで、こんなに素敵なカードになるんですね☆ これは色を変えたり、花やドロップ模様の部分のアイテムを変えたりしても、すぐに変化がつけられそう。
本の中でも紹介されていますが、クラフトパンチや、ビーズ、ラインストーンなどを貼りつけても、簡単に豪華な感じに出来ます。どれも100円ショップでも買える材料ばかりだというのも嬉しいですね☆
多目的に使えるカードが多いので、作り置きしておくと、色んな場面で便利に使えそうです。
また、意外に使い勝手が良さそうに思えたのは、最後のページの「数字の飛び出し」。0から10の数字を飛び出させるための、切り目模様集なのですが、これさえあれば、お子さんの毎年の誕生日祝いカードを、ずっと作り続けられそう。数字以外の部分は、お子さんの写真とか、クラフトパンチで作った模様とか、クラフトテープを貼るとか、ラインストーンを飾るとかすれば、簡単に素敵なカードを作ることが出来そうです☆
凝った作りのカードはないので、しかけ技法的に参考になる部分は少ないですが(汗)、それだけに誰でも作ることが出来る作品ばかりです。ペーパークラフト好きなら、一冊持っておいて損はないでしょう。お勧めです☆