『脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法』2016/12/14
樺沢 紫苑 (著)

仕事に必要なやる気、集中力、学習力……これらを高めるために何をしたらいいのか、精神科医の樺沢さんが具体的に教えてくれる本です。
その鍵となるのは、7つの脳内物質(ドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリン、アドレナリン、アセチルコリン、メラトニン、エンドルフィン)。これらの働きが脳のどの部分にどのように関与しているかについて解説してくれるとともに、科学的根拠をもとにした脳を活性させる仕事術を教えてくれるのです。
「ほどよい難易度の小さな目標(マイルストーン)を刻むことで大目標を達成できる」
「「うっかりミス」が増えてきたら脳が疲れている証拠。休憩が必要だと言う赤信号である。」
「昼間はバリバリ働き、夜間はゆっくりと休みアドレナリンをオフにしよう」
「セロトニンを活性化する方法は、「日光を浴びる」「リズム運動」「咀嚼」の3つ。カーテンを開けて寝ると、寝起きがスッキリする」
「一日7~8時間ぐっすり眠ることを目標にしよう」
「やる気が出ないなら、まず始めること。「作業興奮」によって、やる気がわいてくる。」
「脳には時間ごとに適性がある。午前中は論理作業に向き、午後や夜は創造的作業に向く」
「仕事を頼まれた時は「喜んで」やる癖をつける。」
などなど……(もちろん実際にはもっとたくさんの教えがあります)。
うん? 意外と普通の「よくある」仕事術じゃない? と思うかもしれませんが、この本には、その科学的根拠(脳内物質との関係)がきちんと解説してあるので、すごく説得力があるのです。
なかでも「運動」はすごく大切なようです。「「運動」は脳を活性化する最も簡単な方法」で、「運動ではエンドルフィン以外にも、ドーパミン、セロトニン、成長ホルモンなどさまざまな物質が分泌されますが、適度の有酸素運動は、脳の癒しや脳の活性化にプラスに働くことは、多くのデータが示しています。」だそうです。きちんと運動をすると睡眠の質もよくなるので、これからも定期的に運動を続けたいと思いました。
また脳内物質を生成するためには、それを作るための材料としての「栄養」も必要ですが、この本にはその具体的な食材も書いてあります。要するに「バランスの良い食事(日本食)」を摂りましょうというアドバイスでしたが……。
ここで紹介されている方法は、「脳を最適化」するだけでなく、一般的に「健康にいい」とされているものばかりです。「能力が2倍になる」かどうかは分かりませんが、少なくとも参考にして損はないと思うので、ぜひ読んでみてください☆