『ドアをあけたら』2014/4/1
しまだ ともみ (著)

窓からのぞいた姿と、ドアを開けたときのギャップをたのしむしかけ絵本です。
たとえば表紙の絵を見ると、ドアの中には、かわいいぬいぐるみのようなクマさんがいるんだろうなーと予想してページをめくると……え?アシカ(?)さん?
こんな感じで、カエルさんかとおもったら……××?、かたつむりさんかとおもったら……××?と、ページをめくるごとに予想外の動物たちが中にいて、すごく楽しめます☆
例えば、絵本の最初の見開きページを開くと、左ページには、家のエントランスへ続く情景とともに、「おがわの ほとりに たっている レンガづくりの すてきな おうち カエルさんの おうちかな? ドアを あけると……」というような文章が書いてあります。そして右ページのドアの窓に見えるのは、シルクハットをかぶろうとしているカエルさん?
なんだろう? と思いながら右ページの見開きをめくると……ドアの中にいたのは、お洒落なワニさん!
という構成になっています。
同じような仕掛けで、全部で9種類の「意外な展開」が待っているという幼児向けのしかけ絵本。基本的には、右側に穴があいている見開きページが折り込まれているだけの単純なしかけなので、幼い子が少し乱暴に扱っても壊れにくいと思います。本の重さも軽めで、紙も丈夫に出来ています。
親子で「ドアの中にいるのは、何だと思う?」と話し合いながら読んであげると、楽しくコミュニケーションが進みそうだと思います☆ 贈り物にしても喜ばれるのではないでしょうか。