『すぐやる人に変わる 心理学フレームワーク』2015/2/13
佐々木 正悟 (著)

仕事や生活に応用できる心理学理論を教えてくれる本です。
見開きでワンテーマが図解で解説されているので、各理論が短時間で読めるように構成されています。次のように分類した心理学理論が、全部で78項目あります。
【目次】
1. 仕事のスピードを劇的に向上させる認知心理学
2. あなたのモチベーションを高める社会心理学
3. チームマネジメントに役立つ心理学
4. クリエイティブなアイデアを育む深層心理学
5. ビジネススキルを成長させる脳と心の心理学
6. 交渉する前に知っておきたい心理学
7. マーケティングに使える経済心理学
8. ストレスに強くなる心理学

なかでも「6. 交渉する前に知っておきたい心理学」や「7. マーケティングに使える経済心理学」などは、「とりあえず行列に並んでしまうから行列ができる(人は、みんなが行くところに行きたがる)」、「決めやすいように配慮する(選択肢が多すぎると決められなくなる)」など、「なるほど、そうだったんだ」と思わされるものもあって、一読の価値があると思います。
もちろん「1.認知心理学」など他の心理学理論も、役に立つものが多いと思います(そんなに目新しいものが、あるわけではありませんが……)。
仕事の合間の気分転換に、ぱらぱら眺めて、気になる項目があったら、それを読むようにすると、仕事や生活をより良くするヒントがつかめるかもしれません。
ところで、これらの心理学理論は、短い文章で分かりやすく紹介されているのですが、それぞれの説明がとても短いので、(なんとなく理解できそうな気はするんだけど、よく考えると、やっぱり分からないような……)という気持ちになってしまうものもあります(汗)。なにしろ全78項目もあるので、どうしても「ビジネスに応用できる心理学理論カタログ」になってしまうんですよね(汗)。
そういう場合は、そのページに書いてあるキーワードでネット情報や図書館の本を検索して、さらに深い意味を調べてみましょう。この本は、じっくり読むというよりは、カタログ的な使い方をするのに向いていると思います。
心理学的見地から、仕事や生活への改善のヒントを与えてくれる本です。