『成功は一日で捨て去れ』2012/3/28
柳井 正 (著)

数々のヒット商品を生み出し、グローバルな挑戦を続けるユニクロ。その背後には大企業病の阻止、後継者の育成、海外展開、社内構造改革等へのたゆまぬ努力の連続があった……世界一を目指す組織はいかにして作られたのか、経営トップの柳井さんが明かしてくれるユニクロ変革の記録です。
ユニクロというと、店内壁面を埋め尽くしていた色とりどりのフリース、スキニージーンズ、ヒートテック、ブラトップなど数々のヒット商品がすぐに思い浮かびますし、主要駅近くに大型店がたくさんあって、快進撃を続けているイメージが強かったのですが、この本を読んで、数多くの失敗もしていたのだと意外に思いました。
そう言えば、失敗の一つの「野菜事業」は、発表された当時「マジか」と驚きをもって受け止め、結局は撤退することになったのを知って「やっぱり……」と感じたものでした(汗)。なぜなら、最初からあまりシナジー効果が期待できないと思っていたからです。恐らく「安全で新鮮な野菜を消費者にとどけたい」という気持ちから始めたのだとは思いますが、そもそも衣料品と食品は、作り方から流通・保管の仕方までまったく違うので、これまでの資産の活用も難しかったのではないでしょうか。それでも、ユニクロは本当に、「自分の頭で考えて」「失敗を恐れずに実行する」企業なのだなと思い知らされる出来事だったと思います。
このような失敗が少しはあったことは知っていましたが、それでも売り出し日の大型店の混雑っぷり、繁華街を歩く数多くの人々が持つユニクロの袋などを見ると、安定成長している大企業って凄いなと思っていました。
この本では、それなりに安定成長を続けてきたユニクロでも、内部では大企業病と戦っていたり、M&Aに失敗していたりと、苦労してきた様子が克明に描かれています。事業の拡大、各種の店舗展開、多角化路線の参入と失敗、他社買収・提携、海外展開……休むことなく、精力的に経営してきた経緯を、経営者の柳井さんが、自らの経営哲学とともに語ってくれるので、色々な意味ですごく参考になりました。
「企業経営は、何でも実際にやってみないと分からないことが多い。完全なものができるまで待っていたら、何にもできない。自分の会社や事業として、単純に「こんなことをしたい」のではなく、常に「どうあるべきか」を考えて決断しなくてはならない。多くの人が、自分に果たしてできるだろうか、自分には能力がないのではないか、こんなことよりも自分は別のことをしたほうがいいのではないか、などと思い悩む。それで失敗するのだ。」
「やってみて失敗だったと気づいたら、それを素直に失敗と認め、すぐに変更していけばいい。今まで上場以来、ぼくはそれを躊躇することなくやってこられた。それが良かったのだと思う。野菜事業やファミクロ・スポクロの失敗と撤退はその典型だ。」
「ぼくは常日頃から会社というのは、何も努力せず、何の施策も打たず、危機感を持たずに放っておいたらつぶれる、と考えている。常に危機感を持って会社経営することが正常なのである。「正常な危機感」とでも言おうか。」
……読んでいると、ハッとさせられる文章にいくつも出会うことができました。
とくに「失敗を恐れない姿勢」「危機感を持って変わり続けようとする姿勢」は、変化が激しい現代の経営者にとって、すごく参考になるのではないでしょうか。