『洋書:Frozen: A Pop-Up Adventure(英語)』2016/10/4
Matthew Reinhart (著, イラスト)
1609090059ap01m
大人気のディズニー・アニメ『アナと雪の女王』の飛び出す絵本です☆
2013年度アカデミー長編アニメ映画賞受賞作品で、劇中歌「ありのままに(レット・イット・ゴー)」も大ヒットしたので知っている方も多いでしょう。素晴らしい映像美が、いまも心に焼きついています。
この本は、その世界観をそのまま飛び出す絵本で表現しています。ページを開くたびに、大きくて見事な造形が立ちあがってくるだけでなく、つまみを引くと大きく動きます☆ 英語版が40ドルもする高価な絵本ですが、さすがはラインハートさん☆ 今回も最高の仕事をしています。この人を越えられるペーパーエンジニアはこの先出現するのだろうか?と思わせるほどの凄さを見せつけてくれます。今回も圧倒的な迫力の「飛び出す+つまみ引きの大きなしかけ」があるだけでなく、小さいしかけ絵本にも、さまざまな技巧が使われています。もちろん、クリスマスなどのプレゼントにも最適だと思います。お勧めです☆
1609090059bp01j
・表紙:キラキラした雪の結晶のイラスト。結晶のまわり氷雪もキラキラ光ります。
・1~2ページ目:中央に、雪遊びする姉のエルサと妹のアナ(大きな飛び出すしかけ)。つまみを引くと、エルサの魔法でアナが凍えてしまいます。左下に小さいしかけ絵本(3ページ)宮殿が立ち上がります。右下に小さいしかけ絵本(3ページ)王と妃たち家族がトロールたちにアナを助けてくれるよう頼みます(アナを抱く王妃の飛び出すしかけ)。
・3~4ページ目:中央に、ダンスするアナと隣国の王子ハンス(大きな飛び出すしかけ)。左に小さいしかけ絵本(3ページ)両親の死で悲しみに閉ざされるエルサとアナ(飛び出すしかけ)黒いカーテンが王と王妃の肖像画を覆います。右下に小さいしかけ絵本(3ページ)アナの結婚に反対するエルサが魔法を暴発させ、王国を凍らせてしまいます(飛び出すしかけ)。
・5~6ページ目:中央に、エルサがノースマウンテンに魔法で立てた氷の城が高く聳え立ちます。(大きな飛び出すしかけ)。右下に小さいしかけ絵本(3ページ)表紙のつまみを引くと、オーケンが立ち上がります。ページを開くと、トナカイのスヴェンのそばで山男クリストフが楽器を演奏します。ドアからアナが入ってきます(飛び出すしかけ)。
・7~8ページ目:中央に、雪原を旅する山男クリストフ、トナカイのスヴェンとアナ(大きな飛び出すしかけ)。左下に小さいしかけ絵本(3ページ)魔法の雪だるまオラフが愉快に飛び出します。右上に小さいしかけ絵本(3ページ)夏に憧れる雪だるまオラフの夢(飛び出すしかけ)。
・9~10ページ目:中央に、氷の城のエルサの悲しみの暴走で、氷の魔法を受けてしまうアナ(大きな飛び出すしかけ)。(つまみを引くと、雪男マシュマロウによって城から追い払われたアナと山男クリストフ、オラフの場面へと変化します)。左下に小さいしかけ絵本(3ページ)つまみを引くと、山男クリストフと雪だるまオラフが、トロールたちと出会います(飛び出すしかけ)。中下に小さいしかけ絵本(2ページ)つまみを引くと、戦う雪男マシュマロウの場面が、囚われのエルサの場面に変わります。右下に小さいしかけ絵本(3ページ)つまみを引くと、話し合うアナと王子ハンスの場面が、閉ざされたドアの前で倒れるアナの場面に変わります。
・11~12ページ目:中央に、凍りついたフィヨルドの船の上で、凍りつくアナに泣きながら抱き着くエルサ。二人に駆け寄る山男クリストフを、トナカイのスヴェン、雪だるまオラフが見守ります(大きな飛び出すしかけ)。つまみを引くと、すっかり雪と氷が蒸発した王国で、身体が元に戻ったアナが、山男クリストフ、トナカイのスヴェン、雪だるまオラフ、そしてエルサともに真夏のスケートを楽しみます。魔法の力をコントロールする術が「恐れ」ではなく相手を心から思いやる「真実の愛」だと知ったエルサが、アナを救い、王国を覆っていた雪と氷を空へと蒸発させたのでした。