『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』2013/12/26
坪田信貴 (著)
1605020044AP01N
高校2年の夏の時点で、学力は小学4年レベル、全国模試の偏差値は30、英語はかろうじてローマ字が読める程度だった金髪ギャルのさやかさんが、塾講師の坪田さんから心理学を駆使した指導を受けてやる気に目覚め、1年で英語の偏差値を40上げ、ついには最難関レベルの私立大学である慶應義塾大学に現役合格するまでの1年半を綴ったノンフィクション小説です。ベストセラーになるとともに、有村架純さん主演の映画『ビリギャル』も大ヒットしたので、知っている方も多いと思います。
可愛らしい女子高生の表紙写真を見て、えー、この子は本人なの? そんなうまい話があるの? と内心思いながらも読んでみました。確かに実話で、感心したことも多かったのですが、内心、うーんと感じることが、かなりあったことも確かです。(ちなみに表紙写真は、石川恋さんというモデルの方で、本人ではないそうです。本人もかなり可愛いそうですが……)
まず「うーん」と感じたことから。
高校2年の夏の時点で、学力が小学4年レベルということなので、しょうがないのかもしれませんが、受験科目以外は捨てた(ほとんど勉強しなかった)のかな?と感じました。もしそうなら大学に入ってからでもいいから、他の科目も勉強して欲しいと思います。「慶應義塾大学=学力高レベル」と一般的に思われているのに、数学などが小学4年レベルのままだと、社会人になったときにすごく困ることになりますから。特に数学は必ず復習しておいた方が良いと思います。会社では意外に数学(統計学)を使いますから。
また他に寝る時間がなかったから「学校の授業では寝ていた」というのも、あまり褒められる態度ではないと思います。高校は「勉強」を学ぶだけの場所ではないのですから。その行為が友達の学習に悪影響を及ぼさなかったこと(寝息の音などで)を祈りたいです。
ということで、結局のところ、受験以外をいろいろ捨てたことで合格できたのだな、と感じてしまい、無条件で「良かったね。おめでとう!」とは言えない気分になりました。
とは言っても、本当に本人がすごく頑張って、実力で合格したことも確かです。この本を読んで、感心させられたことも、もちろんたくさんありました。
まず、さやかさんの素直さ。この本のあとがきに坪田さんが書いているように、
「君が成功した一番の理由は、「中途半端なプライドを捨てて、恥をかくのを恐れなかった」ことにある、ということです」。
これ、本当にそうだなと思いました。「常識がない」とか「無知」とかを恥ずかしく思ったり馬鹿にしたりする人は多いようですが、私自身も「無知」なこともあり(汗)、知らないことは恥ずかしいことだと思っていません。知らないことを、そのままにしておくことの方がむしろ恥ずかしいことだと思っているので、知らないことに気づいたら、とにかく「聞く」「教えてもらう」ようにしています。周囲の人を見ていても、恥を恐れない人の方が、最終的にはぐんぐん伸びているようです。
また、さやかさんが合格した時、彼女は「先生、さやかの昔の成績表、みんなに見せていいからね。こんなバカでも、がんばればできるんだって、みんなもっと知ったほうが良いと思うんだ」と言ってくれたそうですが、これこそが彼女の最大の強みなのだと思います。他の人の励みになるためなら自分が恥をかくことを恐れない……なかなか出来ないことです。
そしてこの経験を通して、彼女の得た最大の成果は、「勉強は楽しい」、「頑張ればきっと出来る」ことを知ることが出来たことだと思います。今後も、いろんな面で、この経験を活かしていって欲しいと思います。
この本は、現在、受験に向けて勉強している方たちに、「頑張ればきっと出来るようになる」と励ましを与えてくれる本だと思います……が、できれば高校2年の夏ではなく、遅くとも高校1年の夏までには読んで欲しいと思いました(汗)。授業中いつも寝ているのは、周囲の人のためには良くないよ……。
また、坪田先生が教えてくれる「暗記のコツ」「英和辞書の効果的な使い方」などもすごく役に立ちますし、特に「英語のリスニング・テストのときは、まず選択肢を読んでおく」というテクニックは、即効性が期待できると思いますので、そういう意味でも読む価値がある本です☆(受験生の方には、この本は文庫版ではなく単行本で読むことをお勧めします。角川文庫版では、坪田先生の心理学テクニックや受験テクニック等の実用情報を大幅に削除し、物語だけを純粋に楽しめる形での再編集が施されているそうです。)