『360°BOOK 白雪姫 SNOW WHITE』
大野 友資 (著)
1601040043AP01M
『360°BOOK 富士山 Mount FUJI』と同じく360°に広がるギフトブックで、おとぎ話「白雪姫」の世界を360°ジオラマで再現してあります。
広げるとすぐに「どん!」と「富士山」が見えてきた『360°BOOK 富士山 Mount FUJI』とは一味違った印象で、こちらの『360°BOOK 白雪姫 SNOW WHITE』は、深い森に迷い込んでいくような感じ。繊細な切り絵で広がっていく深緑の森の木立の中、ちらちら見え隠れする赤い林檎、それを楽しんでいる白雪姫と小人と森の動物たち、毒林檎を捧げて忍び寄ってくる老婆……360°広げたページに見え隠れするおとぎ話の幻想的な世界観に、目がくらみそうです☆
1601040043FP01J
片面が深緑色、もう片面は白のページに繊細な影絵イラストが切り絵されていて、林檎と白雪姫のリボンだけが両面とも赤く着色されています。これがすごく効果的☆ すごく高品質な絵本なので、子供向けというよりも、むしろ大人の女性の方が喜んでくれるのではないかと思います。
これは「白雪姫」の絵本ですが、残念ながらストーリー全体を知ることは出来ません(汗)。白雪姫のところに毒林檎を持った老婆が訪れる場面だけが切り取られているからです(絵本の箱の蓋の裏にも、その部分だけの文章があります)。絵本を一度に360°全部開いて眺める本だから、物語の一場面だけを切り取ったのだと思いますが、絵本という特性を生かして、一ページめから徐々に時間が移行していく(物語が進行していく)ように作っても良かったのでは?と思ってしまいました。そうすれば、王子様の登場まで見ることができて、よりハッピーな気分になれるのになー、と……。
それでも「白雪姫」の世界観の表現が素晴らしくて、何度も眺めてしまいます。
手のひらにのるほど小さい絵本の箱も赤くて可愛いらしいし、絵本を広げて飾るとすごく美しいので、贈り物に最適です。男性・女性、日本人・外国人を問わず、誰でも喜んでくれると思います。もちろん入院している方へのプレゼントにも最適だと思います。
この「白雪姫」の世界を眺めているうちに、同じ手法で「眠れる森の美女」の世界も素敵じゃないかなー、茨の森の中をさまよう王子、塔のある城、眠る美女……と、どんどん妄想が膨らみました(笑)。「人魚姫」もいいなー……次回作にも期待したいと思います。