『おそろしい捕食動物 (かがくしかけえほん)』
サントログラフィクスリミテッド (著), 上野 和子 (翻訳)
141127064AP01N
かなり強烈に怖いしかけ絵本です(汗)。だいぶ前から存在は知っていたのですが、1ページ目のリアルな蜘蛛(!)を見るだけで、ダメだ……と思っていました。でも、考えてみると、とにかく今まで見た中で一番恐ろしいしかけ絵本だし、こんな怖い本では再販されないかもしれない……二度と手に入らないかも、ということで、記事のネタにするためだけに(?)買ってしまいました(汗)。
ただ……意外なことに、買って後悔はしませんでした。なぜなら珍しいしかけ技法が使われていて、とても参考になったからです。それは、トラとシロクマのページにある宙に浮く格子組で出来た動物のしかけで、あまり見たことがなかったので、とても参考になりました。しかもトラのページは、読者に組み立てを要求するという無茶っぷり(と言っても、2か所差し込むだけですが)で、へえー、そういうのもアリか……と感心しました(組み立て対象が怖いトラなので、お子さんは触りたくない(組み立てたくない)のでは?という突っ込みはナシで(笑))。なお、シロクマの方はただページを開くだけで、しかけが見られます。さらに、ちょっと珍しい、球形の地球儀のしかけもあります☆
しかけは、とても大きくて見事なものばかりです。しかもリアルなので、すごく怖いです(泣)。また、絵本にしては解説も充実していますし、中央の大きいしかけだけでなく、ページ脇にもしかけがあるという豪華な作りになっています。が……多分、小さい女の子には恐ろしすぎて、トラウマになるかもしれないほど怖いです。購入時にはご注意ください。とても素晴らしいしかけ絵本ですが、怖いモノに耐性のある方にだけ、お勧めします。
・1~2ページ目:中央に大きな蜘蛛の巣と蜘蛛。左下に引き出す解説。右に小さいしかけ絵本2つ(3+3ページ)。
・3~4ページ目:中央に水しぶきを上げて鮭に襲いかかるハクトウワシ。左右に小さいしかけ絵本(3+3ページ)。左下に引き出す解説。
・5~6ページ目:中央に大きく口を開くワニ。左上に引き出す解説。右に小さいしかけ絵本(3ページ。シンクロして口を開けるワニが面白い)。
・7~8ページ目:左に大きなトラ(そのままだとレリーフ状のトラですが、読者が組み立てると、林から顔を見せる大きなトラの立体しかけになります)。左下に引き出す解説。右上に小さいしかけ絵本2つ(3+3ページ)。右下に引き出すクイズ4つ。
・9~10ページ目:中央に大きな氷山とシロクマ(氷の下にアザラシ)。右上に引き出す解説。左右に小さいしかけ絵本(3+3ページ。右側には地球儀のしかけあり(球形の珍しいしかけで必見です))。