『ジャングル・ポップ』
エミリー・ラペール (著), きたむら まさお (翻訳)
141127051AP01M
とっても面白い動物のポップアップカードを作ることが出来る絵本です☆
各カードは絵本のページになっていますので、切り離さなければ、しかけ絵本として眺めて楽しむことも出来ます(ただし、見本のしかけはありません。しかけ絵本として楽しむためには、自分で作る必要があります)。
全体の構成としては、最初のページに作り方の説明があり、次に、カードになる台紙ページ(作り方の簡単なイラスト付)、その次がカードに貼りつける部品ページで、以下、台紙と部品が交互に続きます。そして最後に、自由に使える模様シールが3ページあるので、それを使って、カードにオリジナリティを加えることも出来ます。またこのシールは、カードに封をするために使うことも出来ます。
全カードとも、2、3か所を貼りつけるだけで、すぐにポップアップカードを作ることが出来るので、不器用な方でも簡単に作れるのに、しかけの構造が大きなV字型の飛び出すしかけなので、とても見栄えがします。しかも自分でしかけを作るので、しかけ技法に興味のある方の入門用にも使えると思います(ただし、学べる技法はもっとも基礎的なものだけですが)。
141127051BP01J
この「飛び出している」動物の写真は、製作後の見本です。
できあがるカードは、表紙の絵や見本でも分かるように、イラストがとても面白い(というか、かなりミョーな顔の動物ばかり)ので、ウケること間違いなし☆ でも、恩師に感謝の気持ちをつたえるなど、真面目なシーンで使うのには、あまり向かないかも(汗)。仲良しの友達同士のコミュニケーションに使うと楽しいと思いますが、マンドリルとかカバとかを貰うと、ちょっと複雑な気持ちになるかもしれません……(汗)。
カードのサイズがかなり大きいので、プレゼントの箱に沿えるなど手渡しで使うのには良いのですが、郵送する場合には定形外になると思うので注意が必要です。
作ることの出来るカードは10種類(ゾウ、ワニ、ライオン、ガゼル、マンドリル、シマウマ、ヘビ、カバ、キリン、オウム)で、作って楽しく、眺めて笑える、楽しい絵本です☆