『めからかいこうせん(もうひとつの研究所パラパラブックス Vol. 2)』
もうひとつの研究所 (著)
140819059AP01M
パラパラとページをめくることで、幻想的な短編アニメーションが立ち現れるパラパラブックス・シリーズの一冊で、黒いお化けの目から怪光線がでます☆
書店で、他のパラパラブックスと一緒に置いてあったこの本を最初に見た時、全体に黒っぽくて、他のと比べて地味な本だと思いました(タイトルすら見ませんでした)。なので、ほんの少しだけパラパラして……なんか不思議な違和感を覚えながらも、いったん本を置いて、他の本を眺めてから、なんとなくもう一度この本を手に取ってパラパラめくってみて……ようやく違和感の正体に気づいて、衝撃を受けました。
「めからかいこうせん」が出ている!
140819060DP01J
ぱっとページを止めると、目から出ている光線もとまります。
でもパラパラすると……本のページから斜め上空へ(直前のページに向けて)、黒いお化けの目から、ビームのように光線が飛び出てくるのです☆
残像のマジックだと頭では分かっていても、この摩訶不思議な感じは、他の本ではなかなか味わえないものです。
書店でこの本を見かけたら、ぜひ、手に取ってパラパラしてください。あっという間に終わるのがすごく残念で、きっと何度もパラパラしちゃうと思います☆ そしてたぶん、レジに直行してしまうでしょう(笑)。