「飛び出す」しかけはありませんが、ページに折りたたんである紙を広げると、縦に伸びたり横に広がったり、上下左右に大きく広がったりする、驚きのしかけ絵本です。テーマが月なので、全体の色彩は青系ですが、赤い家など鮮やかな色もあり、いつものカールさんらしい素晴らしい色彩感覚を味わえます。
140819031AP01N

モニカがお月様と一緒に遊びたがったので、パパはお月様を取りに行くことにしました。パパは長いはしごを担いで、大きな山に登り、月へとはしごを掛けました。でも……お月さまは、大きすぎて家に持ち帰れません!
するとお月さまは……。
パパの頑張り、お月さまの優しさにびっくりです(笑)。
きっとお月さまも、モニカと遊んでみたかったのでしょうね(かなり乱暴に遊ばれていますが……)。
でも、みんなのお月さまなのに……と心配になってしまうけど、大丈夫☆ お月さまはちゃんと夜空に戻ってきます(戻り方も楽しいです。科学的です(?))。
この絵本では、月の満ち欠けを知ることが出来ます。ただ……本当に科学的に知ることが出来るかどうかは……神さまとお月さまだけが知っています(笑)。この絵本のインパクトに、科学が負けないといいのですが。どうしてお月様が満ち欠けをするように見えるかについて、ちゃんと教えてあげる必要がありそうです(汗)。